旭川医科大学寄生虫学講座では、おもにテニア科条虫(エキノコックス、有鉤条虫など)感染について、診断法の開発や国内外における疫学調査を行っています。また、宿主と寄生虫の相互作用や体内での寄生虫の発育様式などについて研究しています。

 おそろしい病気を引き起こす寄生虫については、診断および治療を適切におこなう必要があります。その一方で、寄生虫というのはまったく異なる生物の体内で特殊な生活様式で暮らしている、大変興味深い生き物です。

 寄生虫の世界に興味をお持ちの大学生の方は、ぜひ一度研究室に遊びにいらしてください。

 私たちの研究テーマとなっている寄生虫について知りたい方はこちらをご覧ください。

 エキノコックスについて

 有鉤嚢虫症について

 モデル条虫について

 教授     迫 康仁

 准教授    中尾 稔

 助教     佐々木 瑞希

 事務補助員  酒井 まゆみ

 客員教授   伊藤 亮