『旭医若者・研究者の会』発足について

 私たちは、旭川医大における研究活動・アウトリーチ活動をより活発なものにするため、『旭医若者・研究者の会』を発足しました。

 大目的は、ちょっとした手助けを少しずつ”貸し借り”しながらお互いに切磋琢磨する会(ただの仲良しグループではありません)。

 

つまりは(優先順で)

1. 時間およびコストの面で、効率良く研究を進める

2. 研究費を獲得するための確率を少しでも高くする

3. 異分野の研究者との交流を通じて、何かヒラメク

 

そのための具体的な活動例

1. 互いの情報を共有し、メーリングリストで意見交換を行う

2. 困った時に、ちょっとだけ実験試薬・機器・手技を貸し借りする

3. 定期的に(1回/2ヶ月)、それぞれの研究内容をつまみにお酒を楽しむ

4. アウトリーチ活動の核となり、アウトリーチ活動を行う

5. 異分野の研究者との意見交流をきっかけに分野横断的な研究を始める

 

 これまでの活動内容と今後の予定はコチラ

 

 なお、『旭医若者・研究者の会』への入会に資格制限はありません。会の名前通り、学部生や大学院生などの『若者』や、若手〜中堅〜ベテランのすべての『研究者』に入会していただきたいと思っています。

 

 興味をお持ちの方は、お気軽にコチラへお問い合わせください。

 

 多くの皆様方のご参加をお待ちしております。

 

旭医若者・研究者の会 スタッフ

 宇和田淳介(生化学講座・感染制御)

    大栗敬幸(病理学講座・免疫病理)

 後藤正憲(病理学講座・腫瘍病理)

 佐々木瑞希(寄生虫学講座)

 中澤瞳(解剖学講座・機能形態)

 暮地本宙己(解剖学講座・顕微解剖)

 宮園貞治(生理学講座・神経機能)